パーソナルカラー/日本人は何色が似合うの?

ブルーベースかイエローベースか、明度は高いのか低いのか、彩度はどうでしょうか。日本人100人を観ました。管理人の主観もだいぶ入っていると思われますので、ご参考程度にご覧ください。
Home > パーソナルカラー/日本人は何色が似合うの?

パーソナルカラー|日本人は何色が似合うの?

明度

◆日本人に似合う明度はどうでしょうか。

高明度 高~中明度 中明度 中~低明度 低明度


似合う印象似合わない印象
高明度
(明るい色)
顔色が明るくなる。顔色が白くなる。線や影が目立たない。顔が大きく見える。顔の感じがボケる。
低明度
(暗い色)
リフトアップしてハリが出る。小顔に見える。肌にツヤが出る。顔の線や影が目立つ。顔色が暗くなる。表情が険しく見える。

日本人は、低明度が似合う人が少ないです。全身ダークの低明度を着こなせる人は約二割です。ダーク(低明度)が似合う人たちは、大人びていて、顔のメリハリが強い人(濃い人)が多いようです。

高明度の似合う人      22/100人
 高~中明度の似合う人     40/100人
 中明度の似合う人       15/100人
 中~低明度の似合う人     16/100人
 高明度と低明度の似合う人   7/100人



彩度

◆日本人に似合う彩度はどうでしょうか。

高彩度 高~中彩度 中彩度 中~低彩度 低彩度


似合う印象似合わない印象
高彩度
(派手な色)
肌にツヤが出る。華やかな感じになる。瞳が輝く。元気な感じ。グレア感(ぎらつき)が出る。色ばかり目立つ。のぼせた感じ。
低彩度
(地味な色)
色白に見える。すっきりする。透明感がある。血色が悪い。寂しい感じになる。ぼやける。

日本人は、高彩度が似合う人が多いようです。高彩度だけを取り上げると、100人中76人が似合います。八割近くが高彩度が似合いますから、日本人は華やかな色味を持っているようです。明度が高く、彩度も高い傾向がありますから、日本人には若く見える人が多いというのもうなずけます。

高彩度の似合う人      69/100人
 中~低彩度の似合う人     24/100人
 高彩度と低彩度の似合う人   7/100人



清色が似合うか、それとも・・・

◆日本人に似合うのは清色?それとも濁色?

清色 明清色 明濁色 濁色 暗濁色 暗清色


似合う印象似合わない印象
清色肌がスッキリする。肌にツヤが出る。瞳が輝く。線や色素が目立つ。堅い感じにみえる。平面的。
濁色肌が清らかに見える。ソフトな印象になる。立体感が出る。肌がたるんで見える。顔がぼける。寂しい感じ。

日本人には、清色が似合うようです。肌や瞳に輝きがあるのですね。

清色の似合う人      76/100人
 濁色の似合う人        24/100人



ベースの色味

◆似合うのは、イエローベースですか?それともブルーベース?


似合う印象似合わない印象
イエロー
ベース
健康的な感じ。肌に張りが出る。血色がよい。顔色が黄黒く見える。顔の輪郭が膨張して見える。
くすんで見える。
ブルー
ベース
色白に見える。すっきりとした印象になる。透明感がある。不健康な色の白さを感じる。血色が悪い。
寂しい感じがする。

日本人には、イエローベースが似合う人が約六割です。温かみのある人たちが多いことになります。

イエローベースの似合う人   64/100人
 ブルーベースの似合う人      36/100人

フォーシーズンではどのシーズンが多いのか

パーソナルシーズンも、分類方法がいくつかに分かれます。
4、7、8、12、16シーズンとあるようです。

ここでは4シーズンを見てみましょう。その場合、ブルーベースの清色で中明度の似合うタイプは、夏に入れます。
4シーズンのプロ鑑定士たちが、このタイプの判定を冬にしたり、場合によってはベースの色よりも中明度の清色を重要視して、春に判定したりしています。ここでは、夏(サマー)にします。



100人で見た結果、一番多いのはスプリングで約4割でした。他の二つは3割ずつで僅差。スプリング>サマー>オータムとなります。ところが・・・

続きは → パーソナルカラー/日本人のパーソナリティの割合は?